2018年10月21日

ハラハラ・ドキドキ

昨夜は、天気とサッカーの試合経過にハラハラしていました。

川崎フロンターレとヴィッセル神戸の試合が行われる1時間ぐらい前から、首都圏の雲行きが怪しくなってきて、レーダー画像には、等々力競技場を狙い撃ちしているかのように、雨雲が次々に押し寄せてくる予報が・・・。

イニエスタが出るというので、チケットを取るのが大変だったようですが、長男一家は偶然にもネットがつながり、買えたそうです。

屋根のある席だったので、激しい雨には濡れなかったそうですが、まだ2歳にもなっていない孫が、寒い思いをしていないかと、自宅でテレビ中継を見ながら心配するジジババ。

変なPKでフロンターレが先制したまでは良かったけど、ちょっと間の抜けたオウンゴールと、敵ながらあっぱれなミドルシュートで1−3となり、こんな試合を雨の中見ているのは辛いだろうなぁ・・・と思っていたのですが、前半のうちに、2−3まで追い上げたことで、いっぺんに勢いづきました。

後半は気持ち良いほどシュートが決まり、結局、5−3でフロンターレの勝利。

1歳半の孫は、自分がどこにいるのかもわからなかっただろうけど、6歳の孫のほうは、5回も大喜びする姿が目に浮かびました。 楽しい試合を見て、大満足だったことでしょう。

この6歳の孫は、ノートに先発予想選手のポジション図を描くほどのサッカー通。
しかも、フロンターレだけじゃなくて、対戦相手の分まで予想するんです。

さすが、長男の息子です。
長男はまだ小学校低学年だった頃、遊園地で、満開の桜の下でお弁当を食べている時にも、イヤホンでプロ野球の開幕戦を聞いているほどのオジサンで、選手名鑑も隅から隅まで覚えていましたから。

ところで・・・もう20年以上、フロンターレを応援してはいますが、正直なところ、今のプレースタイルのパスサッカーは好きではありません。 見ていてイライラしちゃいます。

その結果として、J1の首位にいるんだから、文句言っちゃいけないんだろうけどね、個人的には、対戦相手の神戸のアグレッシブな攻撃姿勢のほうが、ずっと好みでした。

J1ではフロンターレが首位。 イングランド2部では、S.Unitedが2位。
さ〜て、この先どういう事になりますか?


view81012.jpg
朝の富士


view81013.jpg
夕の富士


夕飯は、炊込みご飯でした。

dinn81021.jpg

ベビーホタテのほか、タケノコ、海老、しめじ、人参を入れました。

幼い頃、白米をなかなか食べないショージ少年に頭を痛めた母は、炊込みご飯をよく作ったそうです。
今でも炊込みご飯が好きなのは、その影響?
posted by ジョージ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

再び奥さまひと言

昨日は、夜遅くなるにつれ、掃除機にぶつけた足の薬指が痛くなってきて・・・。

狭い我が家ですから、風呂まではわずか10歩程度で到達するのですが、その距離を歩くことが出来ず、昨夜は、お風呂をパスしてしまいました。

その時、奥さまから一言。 “冷やせばいいんじゃないの?”。

従順な爺さん、保冷材で冷してみたら、あ〜ら不思議、どんどん痛みが引いて行きました。
今朝になって、多少の痛みは残っていたものの、ほぼ完治です。

う〜ん、いつもながら、奥さまの言葉には千に一つの仇も無し ですなぁ。


view81011.jpg
4時頃の空


余談:

書類を綺麗に揃えて、ホチキスで紙の角を止めようとぐっと力を入れた瞬間、パチン・・・となるはずのところ、“ふわん” と空振りした時の脱力感ってないですよね。

何で、ここでタマが切れるんだ! 針はどこだ! と、イライラしちゃいます。

針の残量が一目でわかるホチキスってあるの?
こういう不満が、特許につながるのかもね。


このところ、忙しさにかまけて休みがちだった今日のお稽古。

call8102.jpg

ペンサイズを変えて、小さめの字を書いてみました。


夕飯は、久々の手巻き寿司。

dinn81020.jpg

たんぱく質制限があるため、それらしい具は、マグロとエビで、あとは野菜ばかりです。
(サーモンは奥さま専用)
オイルサーディンは外れだった。

米2合に、
砂糖 大さじ1+小さじ1
酢 大さじ2+小さじ2 だけで、酢飯を作っています。

世間の酢飯レシピには、普通、塩小さじ1(5.5グラム)とあります。
塩辛さを感じない寿司飯なのに、すごい量の塩が入っているので要注意。
醤油の量を減らすとかしないとね。
posted by ジョージ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

気の緩み?

今日で、8月以来ずっと続けて来た、兄と母の死亡に伴う様々な手続きも、ほぼ終了しました。
あとは、相続のみ。

ホッとしたのか、昨日から喉が痛くて、風邪気味なうえ、足の指を掃除機にぶつけ、かなりの歩行困難状態に。

普通そういうのって小指だと思うんですが、今回は小指を通り越して薬指をぶつけてしまいました。 内側な分、歩くのが辛いです。


そんな足を引きずりながら、年金事務所に行ってきました。
予約していたんで、何としても今日行きたくて。

ご存知だとは思いますが、年金って後払いじゃないですか。
10月15日に貰ったのは、8月分・9月分。

なので、10月10日に親が死んだ場合、5日後に入金された年金は、当然、遺族がもらって良いものと思っていたのだけど、そうじゃないんですね。 知らなかった。

亡くなった親と別々に住んでいた遺族が、8月分、9月分、それと最後の10月分を受け取るには、親とジョージ君が「生計同一」であったことを申し立てて、それが事務所のほうで認められて初めて、貰えるのであって、「生計同一」じゃないと判定された場合は、10月分はもとより、既に振り込まれた8・9月分も返還しなきゃいけないんだと。

で、その「生計同一」って、何かというと、(正確な表現じゃないかもしれないけど)金銭的な援助もさることながら、要は、時々訪問したりして “面倒見ていた” ということを意味するみたいです。

ま、とにかく、我が家の介護事情をご存知の知り合いの方の助けも得て、めでたく承認をもらい、ホッとして帰宅しました。
足は、来た時より、もっと痛くなっていたけどね。

明日は一日寝ていようかな。


金曜カレーは、いつもと同じビーフカレー・・・だったはずなのですが、トマトを入れすぎて、トマトシチューのようになってしまいました。

dinn81019.jpg

でも、それなりに美味しかったです。
posted by ジョージ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

戸籍集め

母が亡くなって、相続の必要から戸籍を集めていましたが、今日でついに終了しました。

生まれてから死ぬまでのすべての戸籍を集める必要があるそうで、結構面倒な作業でした。
結婚前のものは、実家のある地方都市の市役所に、郵送で依頼しなきゃいけなかったし。

でも、昔の戸籍には、明治生まれのご先祖様がいっぱい登場していて、自分のルーツ探しの意味もあり、見ているだけで楽しかったです。

今のコンピューター化された戸籍と違って、手書きなのが良いですねぇ。
読みにくい手書き文字が読めた時は、ちょっとした感動だし。

結局、全部で母の一生は、6通の戸籍で完成しました。


view81010.jpg


集めている過程で、変だなぁ・・・と思ったことが一つあります。
(以下、少々ややこしいので、お忙しい方は無視してください)

戸籍には、大きく分けて、
・現在の状況を示している、一般的な「戸籍」 
・戸籍に記載されていた人が、死亡や結婚で全員消去され、空になった「除籍」
それともう一つ、
・法律改正などにより、戸籍が新様式に書き換えられた場合、改正以前・書換え前の戸籍「改製原戸籍」

わかりやすい例だと、平成に入って、戸籍がコンピューター化されたのですが、コンピューターによる新戸籍に対して、それ以前のアナログ戸籍が改製原戸籍なわけ。

両者が同一内容であれば問題ないのですが、このコンピューター化の際、改製原戸籍の内容の一部を省略しちゃっているんですね。

改製原戸籍に、父、母、長男、次男が載っていたとします。
長男、次男が結婚を機に別戸籍に移っても、バッテン印で消された長男、次男が、アナログ版の場合は記録上、ちゃんと読み取れます。

ところが、コンピューター化後の戸籍には、父と母しか載っていないんです。

なので、全部の戸籍を集めろと言われた場合、本来であれば、どちらからも同じ内容が読み取れるべき新戸籍(デジタル版)と原戸籍(アナログ版)のどちらか1つで良いところを、両方とも集めなきゃいけないんですよ。

コンピューター化を機に、より多くの情報を持てたはずなのに、逆に、本来必要な情報まで切り捨てちゃった当時の関係者には、どういう思想があったんでしょうかねぇ。


今日の夕飯は、豚肉と白菜のあんかけでした。

dinn81018.jpg

ちょっとだけ、塩分多目だったかな。
posted by ジョージ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

相変わらずクリスティ

今読んでいるクリスティは、「ひらいたトランプ」 という作品。

ブリッジの用語がたくさん出て来て、ブリッジをやったことのないジョージ君には、さっぱりわからず、苦戦しています。

その前に読んでいたのが 「パディントン発4時50分」。
これは最近も映画をやっていたみたいで、有名ですよね。

いきなり出てくる、並行して走る列車内での殺人を目撃してしまうシーン。
謎解きとして面白いかは別にして、冒頭から読者をひきつけるクリスティの技はすごいと思います。

若い頃この本を読んだせいか、今でも、複々線区間で、各駅停車の電車と急行列車がほぼ同じスピードで並行して走る場面に遭遇すると、向うの車内で事件が起きてやしないかと、ついついのぞき込んでしまうジョージ君です。

あの時、必ずといって良いほど、各駅停車が頑張って、一時的に急行を追い越すのって、何故なんでしょうね。 各駅停車の運転手の意地なんでしょうか? 

停車駅が近づいてきて、すぐに、各駅停車は後ろに去っていくのにねぇ。


夕飯は、チキンカツを作ってみました。

dinn81017.jpg

ネットで見つけたレシピ通りに作ったら、衣がパリンパリンになってしまいましたが、それ以外は問題の無い、美味しい一皿となりました。
posted by ジョージ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

爺さんは爺さん

都内の役所をはしごして、戸籍を取ってきた帰り道。

自宅裏の、16段が2つ連続する階段を上っていた時、階段の上から、下校中の小学生が下りてきて・・・。

4〜5年生ぐらいのその男の子に 「こんにちは」 と声を掛けられました。

この学校では、見知らぬ人にも挨拶するように指導しているらしく、散歩中しばしば声を掛けられ、特別の驚きはありませんでした。

ジョージ君も、「こんにちは」 と答えたあと、2人がすれ違うあたりで、その子が再びひとこと。

「落ちないでくださいね」

あまりに突飛な発言に、ずっこけそうになってしまったジョージ君でした。

子供からは、階段の途中から転げ落ちてもおかしくないお年頃の爺さんに見えたんでしょうかねぇ。

つい最近まで、年は取っても、気分は高校生の頃のまま・・・と思っていたんですけど、2回続いたお葬式に列席して、気持ちが少し変わってきました。
だって、列席者の上から数えて2番目なんですものね。

息子たち、甥、姪、その子供たちから見れば、ジョージ君が爺さんに見えても不思議じゃないのでしょう。

う〜ん、“いつも気持ちは若く”・・・とは言うけど、どうなんだろう、それって。
自分の姿をちゃんと客観視すべきなのかもね。


夕飯は、ローストビーフ。

dinn81016.jpg

料理用の温度計を買ってから、肉の内部の温度がわかるようになり、焼き時間に悩むことがなくなりました。

肉の厚みが薄かったので、ちょっと硬めになったけど、味はこれまでの中で一番美味しかったです。
posted by ジョージ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

記録の効用

ジョージ君、毎日日記を付けています。

日記といっても、思ったこと、感じたことなど情緒的な事を書くことはまず無く、どこに行った、何をしたといったような、数行のメモです。

その中で、誰宛ての手紙を投函したということは、必ず書くようにしています。
問合せとか申込みとかの、返事が遅れているかどうかを判断できるので。

あと、どこかに行った時、家を何時に出たという情報は、後々の参考に残しています。


毎日、寝る前に、その日一日の出来事を思い出しながら、書いていますが、ちゃんと読み直したことは、ここ何十年間、一度もありませんでした。

diar8101.jpg
S___で使っていた手帳の余りを再利用


今回、兄が亡くなってから母の葬儀を終えるまでの、これまでの出来事や手続きを忘れないうちに、いったんまとめておこうと思って、滅多にないことだけど、日記を見直してみたら、この2か月、大きな出来事が5〜6件並行して発生していたことを改めて思い出しました。

よくこんな時を過ごしてきたもんだなぁ・・・。

時間だけはいっぱいある隠居生活だから対応出来たのであって、これが現役時代だったら、ちょっと厳しかったことでしょう。
自分が動けるのは土日だけなのに、役所や銀行、郵便局は閉まっているもんね。

ようやく母の葬儀を終え、気の緩みが出そうな気配の昨日&今日。
風邪などひかないよう、気を付けなくっちゃ。


夕飯は、小アジの南蛮漬けと、

dinn81015.jpg

メヒカリの唐揚げでした。

dinn81014.jpg
posted by ジョージ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

ようやく気持ち良い季節

今日の気温は20度。
暑くもなく、寒くもない、気持ちの良い一日でしたね。

年間にこのぐらいの気温の日がもっと多いといいんですけどねぇ、たいていは暑すぎるか、寒すぎるんだなぁ。


隣町の店に行ったら、来年のカレンダーがいっぱい出ていました。

今年の 「日めくり」 習慣がとっても良かったので・・・めくるたびに、今日一日が過ぎたことを感じながら、明日の日にち、曜日が確認できるので・・・ちょっと早かったけれど、来年用の日めくりを買ってしまいました。

今年と同じ商品もあったのですが、
・葬送すれば不幸が重なる
・婚礼に大凶
とかその日の運勢みたいなものが書かれていて、その日が葬式だったり、結婚式だったりしたら、やっぱり気分が悪いじゃないですか。

ただ、
・馬に乗り始めに吉
・井戸掘などに吉
・醤油造りに吉
・武器をつくるほかは一切凶
・かまど造りに吉
なんて書いてあると、“江戸時代の暦か?” と笑わせてくれるんですけどね。


view8109.jpg


夕飯は、名前も無いテキトー・スパゲッティでした。

dinn81013.jpg

ちょっと薄味過ぎたけど、塩っ辛く作るよりは、塩を振って調節した方が、健康的だよね。
posted by ジョージ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

葬儀を終えて

母の死から日にちが経ってしまいましたが、葬儀 (一日葬) が今日執り行われました。

場所は、8月に行われた兄の葬儀と同じ斎場。
あの時はあんなに暑かったけれど・・・と、たった2か月の違いなのに、月日の経過を感じました。

今回は、ジョージ君が喪主を務めました。
子供の頃から、喪主は長男の仕事。 次男は、気楽な稼業と思っていたんですけどね。

fune8101.jpg


驚きの出来事がありました。

式の前に、お坊さんから戒名をいただき、その意味を説明してもらった時のこと。
数日前の電話では、母の名前の一文字を入れるつもりだと聞かされていました。

戒名全体は、当日まで教えてもらっていなかったので、もう一文字がどんな字なのか楽しみでもあり、不安でもあったのですが、今日お坊さんが教えてくれたもうひと文字は、な・なんと、母が亡くなるまで4年間お世話になっていた介護施設のひらがな名を漢字で表した時の文字だったのです。

単なる偶然とはとても思えませんでした。 施設に入っていたことも、その名前も言っていないのに。 

こういう事ってあるんですね。
素晴しい戒名を付けていただいて、嬉しい限りです。

喪主の役目も終え、ようやく肩の荷が下りた感覚です。
でも、これで、父も母も兄もいなくなっちゃいました。


帰宅後、ネットで “葬儀費用は全国平均200万円、首都圏の「家族葬」は100万円以下” という見出しの記事を見つけました。
ちなみに、20年前、父が亡くなった時の葬儀は世間並みのものでしたが、先日見つけた葬儀費用の領収書によると、400万円も掛かっているんですよね。

葬儀にかかる費用が少なくなること自体は、お金の面では有難いことですが、人間の尊厳的な感覚からは、ちょっと寂しいです。


夕飯は奥さまの提案で、うどんすき。

dinn81012.jpg

寒い日には、鍋物がうれしいですね。
posted by ジョージ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

希望の星

今日は嬉しい発見がありました。

住宅地の中にポツンとある歯医者さんがあります。 もう30年以上お世話になっています。
でも、ジョージ君が年を取るのと同じスピードで、先生も年齢を重ねるわけで、先生も今や前期高齢者の仲間入り。

視力や手先の動きなど、自分の加齢現象を考えると、先生も・・・と、ここ数年、不安に感じていました。

この先、今まで以上に歯医者さんのお世話になるだろうし、そろそろ若い先生のいる所に替えようかな・・・などと思っていました。

先日予約の電話をした時も、もう廃業してしまっていて、電話が通じないかもしれないと思ったのですが、まだ営業していてホッ!
そして、今日、行ってみたら、奥の診察室から、若い先生が患者に丁寧に説明をしている声が聞こえてくるじゃないですか。

これまでの大先生には見られなかった、パネルを使っての治療法の解説とか、今後の方針・スケジュールの説明とかもあって、とっても良い感じ。

現時点では、曜日によって、大先生とご子息の若先生が交代で治療に当たるそうですが、これで新しい歯医者さんを探さなくて良さそう。 助かったぁ〜。


view8108.jpg


金曜カレーは、いつもながらのビーフカレーでした。

dinn81011.jpg
posted by ジョージ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする