2019年02月17日

同期会でした

今日は、新橋で同期会。

大学時代の心理学科の10人が集まりました。
22人の学科でしたから、結構、大勢集まったといえるでしょう。

view90214.jpg


2年振りの再会です。
開催場所は、前回と同じレストランの同じ部屋。 

わずか2年なので、お互いあまり大きな変化はないものの、我が家を含め、高齢の親が亡くなった人が結構いました。

一方で、初孫が出来た人や、孫の数が一挙に4人に増えた人もいて、めでたい限りです。
やぶさか家も、前回集まったのは、長男のところに第二子が生まれる2日前で、まだ孫が2人の時代。 今は3人ですからね。

レストランの眼下には、築地市場が。

view90215.jpg

2年前には、移転に待ったがかかって、大きな話題になっている時でした。

view90211.JPG
2017年撮影

あれから2年。 写真を見比べると、すでにあちこちの解体作業が進んでいるのがわかると思います。

いろいろあっても、時代は徐々に進んで行くものですね。 既に豊洲市場の時代ですから。


築地市場の隣は、浜離宮。 菜の花が黄色く色づいていました。

view90213.jpg

今度会うのは、いつかな? また、全員が元気に集まれますように。
posted by ジョージ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

今年の梅は

今年の冬は、暖かいのか寒いのか、よくわかりませんねぇ。

そのせいかどうか、満開の梅もあれば、まだ全然咲きそうもない梅もあって、バラバラの感じです。

ご近所の梅園も、咲いている木と、咲いていない木が混在しています。

walk90205.jpg


ところで、インフルエンザは、もう峠を越えたんでしょうか?

この前読み終わったクリスティの推理小説には、“インフルエンザ” という言葉が、何回も登場。 インフルエンザに罹った後は、うつ状態になるものだと繰り返し書かれていたけど、そういうものなのかな?

その作品の中では、インフルエンザに罹ったから隔離するという描写はなかったですね。
ジョージ君たちが子供だった頃も、インフルエンザによる学級閉鎖はあったけど、うつるとかうつされるという考え方は、あまり強くなかった気がします。

今だと、風邪で高熱が出て医者に行くと、待合室じゃなくて別室に直行されられるみたいだし、熱が下がってからも数日は、外出しちゃいけなんだとか。

結局、我が家の周辺で今年インフルエンザに罹ったのは、長男・次男のところの孫2人だけだったみたいです。
一緒に住んでいても、うつらないことが結構あるのも、インフルエンザの謎ですね。

そういえば、近頃 “流感 (流行性感冒)” という言い方は、聞かなくなりました。 もう流行らない?


今日のお稽古

call90211.jpg


夕飯は、煮込みハンバーグ。

dinn90217.jpg

とろみを付けるための小麦粉を10分以上炒めて、文字通り、小麦色にしました。
こうすることで、ソースの色も濃くなるんだそうですね。

手間を掛けただけあって、美味しく出来上がりました。
posted by ジョージ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

今日は製本

昨日は、おかみさんから、チョコのプレゼント。
今日は、お上から、年金のプレゼントを頂きました。

2月15日と言えば、去年のこの日、初めて長野新幹線に乗って、軽井沢に行ってきたことを思い出します。

かつて、冬の山形や山梨で体験した、北国独特のピーンと張りつめた冷たい空気が懐かしかったです・・・が、この歳になると、あの寒さの中で暮らすのは辛いだろうなぁ。


さて、今日のお稽古は、製本でした。

call90209.jpg


これまでも、定期的に文字練習の紙をまとめて製本していて、今回のものが6冊目になります。

call90210.jpg


よほどのことがない限り、再び中身を見ることは無いのですが、折角の練習の軌跡を捨てちゃうのももったいないし、バラバラの紙を雑然と貯めておくのも汚いので、和綴じして保存しています。

今回綴じたのは、昨年3月から今年1月まで練習していたローマン・キャピタルです。
大体、1字体あたり6か月から12か月、平均的には1字体に8か月ぐらい掛っている感じかな。

それだけ練習しても “極めた感” はゼロで、そんな状態のまま次に進んで良いのだろうか? という気もしますが、1年近く同じ字体ばかり書いていると、さすがに飽きてくるので、適当なところで、新しい字体に移るのは仕方ないことでしょう。

もうそろそろ、憧れのカッパープレート体を練習してみたい気もしますが、非常に繊細な文字なので、多分1年掛けても、まともな字は書けないでしょうねぇ。

call90208.png
Wikipediaから借用


今週の金曜カレーは、ビーフ大根カレーでした。

dinn90216.jpg

先日の集まりで、話題が料理になっとき、誰かが美味しいと言っていたので作ってみましたが、折角大根として生まれて来たからには、カレー以外の場所で活躍したかっただろうなぁ・・・と思わせる出来上がりになってしまいました。

多分、二度と作らないと思います。
posted by ジョージ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

チョコの山

朝起きたら、奥さまは既にバラ苑に出掛けていて、テーブルの上にはこちらが。

vale90203.jpg


サンタさんから、2か月遅れのプレゼント?
いえいえ、本日の担当は、聖ニコラスじゃなくて、聖バレンタインでしたね。

チョコ1粒で、たんぱく質0.3〜0.4グラム。
あれこれやり繰りして空けた枠で、10粒いただきました。


8日ぶりに沈む太陽が見えるかと思ったら、肝心の富士山が雲に隠れていました。

view90210.jpg

画面の左3分の1あたりが富士山の位置。 太陽は、もうずいぶん右のほうに行ってしまいました。


昨日読み終えたクリスティ。 ポアロもマープルも出て来ない作品なのですが、冒頭でのヒロインの突然死に対する、登場人物6人の見解が続く展開がなかなかスリリングで、良い作品だと思ったのですが・・・最後の謎解きが杜撰すぎて、がっかり。

物語の終盤、レストランでの、被害者の飲み物に毒物が入れられた第二の殺人事件で、テーブルに近付いたのは事件とは無関係の給仕ひとりだけだったと、何回も繰り返し強調され、犯行の手口が全くわからないと言っていたのに・・・
“実は” 犯人は通りすがりに毒物をグラスにそっと入れた。 彼は、かつて給仕をしていたことがあり、その身のこなしは極めて自然で、誰もテーブルのそばを通ったことに気が付かなかったのだ・・・というのは、あんまりだぁ。

もう一つのトリックもあり得ない内容で、物語の前半が良かっただけけに、残念なお話でした。

読む人はいないと思うけれど、題名はあえて伏せておきますね。


夕飯は、スパゲッティ・ミートソース。

dinn90215.jpg

かなり長時間煮詰めたミートソースの味がちょっと甘ったるかったからか、一口食べた奥さまから “チリソースは無いの?”  とのご発言。
それって、作り手にちょっと失礼じゃないかなぁ? 

かつて、スパゲッティ専門店で、食べる前にタバスコを頼んでシェフに怒られたという話を聞いたことがあるんだけど、素人とはいえ、やぶさかシェフにも、彼の気持ちがよくわかります。
posted by ジョージ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

外国人のお名前

我が家からダイヤモンド富士が見えた日からちょうど1週間。
今日も曇り空で、7日間連続、夕日が見えません。

view90209.jpg

今度見る時は、富士山からずっと遠くに沈んで行くことでしょう。


先日、イングランド・プレミアリーグの試合を久々に見ました。
マンチェスター・シティが、チェルシーに6−0で大勝した試合です。

プレミアの試合を見るのは、帰国後初めて。

久し振りに見て、改めて感心したのは、豪快なシュートもさることながら、パスの早さや、サイドチェンジの時の長いボールの正確さでした。

日頃見ている、ゴール前でもパスを繋ぐJリーグの試合とは、力強さが全然違いますなぁ。
(身体の強さが全然違うので、比較するのはお気の毒 とは、奥さまのご意見です)

選手もほとんどが世代交代していて、お馴染みの選手が少なかったのは、寂しかったですが、シティで今も頑張っている S.United のファーム育ちのカイル・ウォーカーは “郷土の誇り” です。

ジョージ君、知らなかったのですが、チェルシーのアザールって、スペルはHazard なんですね。

ハザードといえば、ハザード・マップとかの言葉から分かるように、危険、冒険という意味。 母国での意味は知らないけれど、英語読みだと、すごい名前ですね。

・・・てなことを考えていたら、突然、中学生の頃、大流行していたフォークソングの中心グループ、
PPMのことを思い出しました。

Peter,Paul and Mary の3人組。 
そのピーターの姓が “野郎” でしたよね。

あの頃、ピーター・ヤロウ って、変わった姓だなぁとは思ったけど、どういう綴りなのかまで突っ込んで調べようという好奇心が、ジョージ君には欠けていたみたいです。

この歳になって好奇心が芽生えたのかな? 調べてみたら、Yarrow でした。
英和辞典によれば、可憐な花を咲かせるのこぎり草のことだそうですよ。 意外な野郎でした。


今日のお稽古

call90207.jpg


夕飯は、玉子チャーハンでした。

dinn90214.jpg
posted by ジョージ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

第二の故郷が・・・

昨日、ちょっと大牟田のことを書いたら、何だか懐かしくなっちゃって。

富士山麓で半年暮らした人たちとの新年会については先日書きましたが、そのメンバーに大牟田出身の人がいて、“新栄町がすっかり寂れちゃって・・・” と言っていました。

へぇ〜、そうなの? と、彼の言葉を信じていなかったのですが、今日、グーグルで街並み画像を見て、びっくりを通り越して、愕然としてしまいました。

自分の知っている新栄町は、福岡の天神まで結ぶ西鉄の終点大牟田の隣駅で、終点よりもはるかに栄えている場所でした。

それが、今日見た画像は、まるで廃墟。
そもそも駅が入っていた、3階建だったかの駅ビルが消えていて、駐車場になっているので、自分の記憶は夢だったのかという気分に陥って、初めの内はどこがどこだかさっぱりわかりませんでした。

その後、駅周辺のかつての繁華街の画像を見ていくうちに、駅のお向かいにあったデパートもないし、営業している店もあまりないし、その代わり、空き地がいっぱいなことがわかってきました。 

とりわけ、歩道の上に架かるアーケードが、かつての繁栄を示していて、虚しさを倍増させるのです。

グーグルはとっても便利だけど、昔よく行った居酒屋が、看板だけ残して廃屋同然の状態になっている姿は、見たくなかったです。

大型商業施設が別の場所に出来たことも、衰退の理由のようですが、40年という年月が、これほど町の風景を変えるとは、恐ろしいことです。

ジョージ君が住んでいた1975年頃の人口は16万人でしたが、最近の数字は11万5千人だそうで、将来どいう街になっていくのでしょう?

青春真っただ中の5年半を過ごした大牟田をいつかは訪れてみたいと、長年思っていたけれど、正直なところ、ちょっと考えてしまった一日でした。


view90208.jpg


今日のお稽古

call90206.jpg


夕飯は、この前、急に中止になった鍋焼きうどんにしました。

dinn90213.jpg

寒いこの時期、鍋物は温まって良いですね。
posted by ジョージ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

この日が来ると思い出す

2月11日と言って、ジョージ君が最初に思い出すのは、30代前後、毎年この日に走った
千代田区内濠周回駅伝のことです。

今は5Kmになったらしいけど、あの頃は、九段会館横にあった千代田区役所でタスキの受け渡しをする5.7Km のコースでした。
スタートしてすぐに九段坂の上りがある過酷なコース設定で、よくあんな所を走ったものだと思います。

さっき見てみたら、今年も今日開催されたみたいですが・・・な・なんと第69回だって。
あの頃は、30回目ぐらいだったのに。

昨年の成績を見たら、当時常にトップ争いしていた警察、消防チームの名前がまったくありませんでした。 事情はわからないけど、いろいろあったんでしょうねぇ。

そんな昔のことを思い出していたら、就職して最初に配属された大牟田の工場のコンピューター室 (経理課統計係が正式名称) の約10人の顔が思い浮かんできて、驚いたことに、全員の名前、しかも姓も名も、すらすら出て来ました。

最近のことはなかなか覚えられないのに、昔のことはしっかり覚えている・・・って、認知症への道を歩んでいるのかな?


こちら、オーブントースターのヒーターです。

heat90201.jpg


最近、その中央部分が赤くならないことに気が付いて、あぁ、もう結構長いこと使っているから寿命かな〜と思ったんです。

でも、ネットを見たら、これってわざとなんだそうですね。 中央部分の発熱を抑えて、パンなどの真ん中が焦げないようにしているんだとか。

世の中、まだまだ知らないことがいっぱいあるものです。


夕飯は、奥さまが大好きな麻婆なす。 今日は、フワフワたまごのおまけ付き。

dinn90212.jpg

いつもナスを買い置きしては、プレッシャーを掛けられているやぶさかシェフです。
posted by ジョージ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

結構身近な場所

我が家から見える、このビル群。 数えてみると11棟あるようです。
以前は、ここに高いビルなど見えませんでした。

view90207.jpg


そう、ここは武蔵小杉です。

昨日、ブラタモリでやっていましたよね。
あんな場所で、番組が成り立つのかと思ったけど、どんな所にも、歴史があり、川や農業用水の流れの痕跡があり、地名の理由があるものなんですね。

番組では、今まで勘違いしていたことを教えられました。

元々あのあたりに中原という土地があって、そこを通る道が中原街道と呼ばれ、それで現在あの地域が川崎市中原区なのだとばっかり思っていました。

実際には、徳川家康が鷹狩用御殿を作らせた平塚の中原という場所と江戸を結ぶ道が、中原街道と呼ばれたのが先で、その後、街道が通っていた川崎のあの場所に中原という名前が付いたんだそうで。

前回の「福井」で紹介された “一乗谷” のことも全然知らなかったし(恐竜や東尋坊ぐらいしか知らなかったのは、宣伝活動に問題ない?)、ブラタモリは今、一番楽しい番組です。

来週は、この前の「ローマ」に続いて、「パリ」だそうで、楽しみです。

タモリさん、30年以上新宿アルタにお勤めのサラリーマンのような生活で、海外旅行もほとんど行けなかったと思われるので、70歳を超えた今、仕事とはいえ、ローマやパリに行けるようになって本当に良かったですね。


今日のお稽古

call90205.jpg


夕飯は、卵とじうどん。

dinn90211.jpg

昨日から、鍋焼きうどんを考えていたんだけど、奥さまの体調により、急遽こうなりました。
posted by ジョージ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

外れたんですけど

寒かったですね。
我が家のベランダに置いてみた温度計は、微妙に氷点下でした。

temp90201.jpg

百円ショップで買ったものなので、正確かどうかはわかりませんが。

今日は、大雪の予報だったけれど、結局、午後遅くにちょっと降って、屋根が白くなっただけで終わってしまいました。

先日の予報では、低気圧が関東のかなり近くを通って雨になったし、今回は、弱弱しい低気圧が近づいて来ただけなのに、大雪の予報。

どちらも、天気図を見れば、天気に関心のある人なら大雪にはならないだろうと予想できる状況なのに、大雪だと大騒ぎ・・・近頃は、気象現象も異常だけど、気象予報も異常じゃないかと思ってしまう爺さんです。


ジョージ君、生涯で4種類のタイプの会社で働きました。

日本の大企業
日本国内の外資系大企業
日本の中小企業
海外の日系中小企業

それぞれの職場には、それぞれ独特の特徴がありました。

様々な特徴を勘案して、総合的に、ジョージ君の個人的好みで点数を付けるとすると、

日本の大企業  100 に対し、
外資系の大企業  90
日本の中小企業  75
日本資本の外国中小企業 85 といったところでしょうか。

日本の中小企業が最低の75ポイントであると言っても、それは、その会社とジョージ君との相性もあっただろうし、たまたま体験したその会社が独特だったのかもしれず、万人に当てはまるものではないとは思います。

ただ、中小企業って一般的に、オーナー企業かつ同族経営という会社が多いと思うんですよね。

で、そういう環境では、オーナーの考えがすべて。 社員は全員がオーナーのほうを見て、働いている感じがしました。
ぶっちゃけた話、オーナーの気に入ろうと汲々とする幹部社員がいっぱいいましたからね。

大企業だって、トップの方針には従うけど、そのトップが永遠に存在するわけじゃないでしょ?

それに比べると、オーナー企業は基本的に、創業者が死ぬまで、ずっと影響力を行使し続けるし、その成功体験が神話化してしまっていて、社員自ら変化を起こそうという気風は薄かったです。
オーナーの敷いた成功路線から敢えて外れて、失敗する必要は無いわけですから。

よく大学生の就活で、中小企業にも働き甲斐はたくさんあるのだから、大企業ばっかり志望しないでください・・・という話が聞こえてくるけれど、中小企業を選択する場合には、オーナー社長の人柄とか社風には、特に気を配った方が良いと、爺さんは思いますよ。 中小企業を全否定するつもりは、もちろんありませんけどね。


夕飯は、ホタテ貝柱の炊込みご飯でした。

dinn90210.jpg

もう少し、塩分が欲しかったかな。
posted by ジョージ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

電話が鳴らなくて

ここ数年はほぼ毎日、1日1回はセールスらしき電話が掛ってきました。
「今日のお稽古」 の真っ最中だったりすると、ホント迷惑。

いつかも紹介したことがある、自作の 「迷惑電話帳」 でさっと調べると、半数は過去にも掛ってきた相手。 もちろん電話に出ることはありません。

それが、今年に入って、ちょっとした異変です。
1月は8件。 4日に1回程度。
2月に入ってからはさらに減り、今日までの8日間で、たったの1回しか掛ってきていません。

この調子だと、やぶさか家にオレオレ詐欺の電話が掛かってくる日は来るのでしょうか?


夜は、昔、富士山の麓で半年一緒に暮らした仲間たちとの会食。

このところ、年に1〜2回開催していますが、あの時のメンバーの半分近く、10人が東京駅近くの中華料理店に集まりました。

当時ほぼ新入社員だった人も、すでに還暦。
脳梗塞になり現在リハビリ中の人や、肝臓を悪くしてお酒を控えている人等々、健康に問題を抱えている人も続出しています。
かと思えば、この日はスキーのため欠席の75歳もいたりして。

年齢も異なり、勤めていた会社も違う、偶然出会った人たちとの飲み会が、いつまでも続くことを願っています。

fuji90202.jpg
36年前の写真


思い返せば、ちょうど一年前にあったこの集まりでは、帰宅が人身事故のため翌日になったのですが、今日は沿線火災か何かの影響でダイヤが5分以上遅れていたけど、10時には無事帰宅。

電車がちゃんと走ることのありがたさを感じた一日でもありました。
posted by ジョージ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする